開館時間・入館料

開館時間 午前10時―午後5時(入館受付は午後4時30分まで)
休館日 毎月曜日(祝日の場合は翌平日)、展示替期間、夏期整備期間、年末年始など
入館料 一般1,000円/高・大学生700円/中学生以下無料(特別展は別途)
・障害者手帳をお持ちの方、ならびに介助者の方1名は200円引
・庭園入園のみ(展覧会をご覧にならない場合)は1人300円(中学生以下無料)
・館内入場者数制限の都合上、団体割引(20名以上200円引き)は休止しています。

アクセス

交通 東急・大井町線(各駅停車)「上野毛(かみのげ)駅」下車徒歩5分
住所 〒158-8510 東京都世田谷区上野毛3-9-25
お問い合わせ 050-5541-8600(ハローダイヤル)/03-3703-0661(テープ案内)
お車でのご来館が必要な方以外は、公共交通機関をご利用ください。

五島美術館は、昭和35年(1960)4月18日に私立(財団法人)の美術館として、東京都世田谷区上野毛(かみのげ)に開館されました。美術館設立の構想は、東急グループの礎を築いた五島慶太さん(ごとうけいた 1882-1959)によるものです。
慶太さんは鉄道事業のかたわら、半生をかけて古写経をはじめとする貴重な美術品の数々を蒐集されました。自らの所蔵品を広く公開する美術館の設立は慶太さんの宿願であり、精力的にその準備を進めていらっしゃいましたが、開館を目前にして完成した姿を目にすることなく世を去られました。

この美術館設立を機に、東京都目黒区上目黒にあった大東急記念文庫が五島美術館の建物内に移転されました。
東急記念文庫は昭和23年(1948)に当時の東京急行電鉄株式会社を東京急行電鉄・京浜急行電鉄・京王帝都電鉄・小田急電鉄・東横百貨店の五社に分離・再編成する記念事業として企図されました。
こちらは昭和24年(1949)4月20日に開庫されたもので、慶太さんが一括購入した久原文庫と井上通泰さんの蔵書を発足時の根幹とされているそうです。
以後現在にいたるまで、研究者を対象とした閲覧公開などの教育・研究活動を続けていらっしゃるそうです。
東京急行電鉄・京浜急行電鉄・京王帝都電鉄・小田急電鉄・東横百貨店
が元は一つだって知りませんでした。すごいですね!